スムースビップの使い方と役割

体に有害な物質が含まれていない事から禁煙グッズとしても人気の電子ベイプスムースビップ。
今回の記事ではスムースビップの交換パーツ、基本的な使い方、お手入れの方法についてまとめていきます。

これからスムースビップを購入しようと思っている方や最近購入したばかりの人は是非この記事を読んでスムースビップについての知識を深めてください。

スムースビップの交換パーツ名称と役割

スムースビップの交換パーツ名称と役割
スムースビップは消耗品ですので使用しているとパーツを交換する必要が出てきます。

ここではスムースビップの交換パーツの名称や役割をご紹介します。

バッテリー

バッテリー
スムースビップは電子ベイプと呼ばれる商品でリキッドと呼ばれる液体を熱して水蒸気を発生させてそれを吸いこみます。

バッテリーはリキッドを加熱する際に必要な電流を流す部分となります。充電式ですので何度も使用していると劣化してきます。

充電量が減ってきたりバッテリーが膨らむといった際には交換するようにしましょう。

金属コイル


金属コイルはリキッドを加熱する役割を果たしています。金属コイルへバッテリーから電流が流れることにより発熱します。

リキッドの量が少なかったりするとコイルが焦げてしまい故障の原因となります。

コイルは焦げ付くと交換以外修理法がないので注意してください。

アトマイザー

アトマイザーにはタンクが付いておりそこへリキッドを注入します。注入されたリキッドはアトマイザーに付属しているコイルによって加熱され水蒸気を発生するようになります。

アトマイザーにリキッドを注入しすぎるとうまく水蒸気が作れずリキッドが口に入ってしまったり、じゅるじゅるといった音がする原因となります。量が少なすぎると先ほどご説明したコイルの故障につながりますので適量を守るようにしてください。

吸い口


吸い口を口に付けて、アトマイザー内のリキッドをコイルにて加熱して発生した水蒸気を体内に摂取する部分になります。口を毎回つける部分ですので清潔に保つ必要があります。

定期的に交換することも重要ですので忘れずに交換するようにしましょう。

スムースビップの使い方


ここではスムースビップの使い方をご説明していきます。

バッテリーの充電方法

バッテリーの充電方法

スムースビップを使用する前にはバッテリーを充電しておく必要があります。

充電方法は簡単でスムースビップのバッテリー部分をアトマイザー部分と切り離して付属のUSB充電器へ取り付けるだけです。

充電の際にはUSBコネクタを取り付ける必要があるためパソコンなどで充電しましょう。

ランプが白く点灯すると充電開始の合図です。バッテリーが完全になくなっている状態からフル充電をすると約3時間ほどかかります。

ランプが消えたら充電完了です。フル充電の状態で約450回の吸引が可能となります。

アトマイザーにリキッドを注入方法

アトマイザーにリキッドを注入方法

充電が完了しましたらアトマイザーにリキッドを入れていきましょう。吸い口を下に向けるとコイルが見えると思います。

コイルがアトマイザーの蓋になってなっていますので取り外しましょう。

コイルが取れたらリキッドを注入します。アトマイザー中央には穴があるのですがそこへはリキッドは注入しないでください。故障する原因となります。

リキッドは約0.8mLが注入の目安量と言われています。アトマイザーには目盛があるのでそちらを確認しながら入れると良いでしょう。

リキッド注入後はアトマイザーへリキッドを馴染ませる必要があります。約15分ほど放置していればOKです。リキッドを馴染ませずに使用すると匂いが悪くなったり味が悪くなるので注意してください。

3組み立てて電源を入れる

3組み立てて電源を入れる
リキッドが馴染みましたらバッテリーとリキッドを取り付けて準備完了です。この際しっかりとコイルが締まっていることなどを確認するようにしましょう。

スムースビップは電源の入れ方が特徴的です。電源スイッチを一度押しても電源は入らず2秒間の内に5回電源スイッチを押す必要があります。

1回電源を押して電源が入らないからと言って故障ではないので注意してください。

スムースビップを吸い終わったら電源を切る

吸い終わったら電源を切る
吸い終わりましたらスムースビップの電源を切る必要があります。電源を切る際も電源を入れる際と同じく電源ボタンを2秒間の内に連続5回押す必要があります。

電源が切り替わる際には電源ボタンが3回点灯しますのでそちらを確認すると切り替わりがわかりやすいですよ。

スムースビップの吸い方

スムースビップの吸い方

スムースビップはスイッチを押さなければ水蒸気を吸うことが出来ません。スイッチを押している間はリキッドが加熱されて水蒸気発生するのですが押していない間は加熱もされません。

スイッチを押しっぱなしにしてしまうと加熱が常にされてリキッドが無駄になりますし、吸い口から蒸気が溢れて出てくるので注意してください。

スムースビップの手入れ方法

スムースビップの手入れ方法
スムースビップは定期的にお手入れをしながら使用する必要があります。

リキッドが漏れてしまった場合などは拭き取るようにしてあげてください。

リキッドのフレーバーを変える際、液漏れが起きる際にはアトマイザーを洗浄する必要があります。

洗浄する際には吸い口、コイルを外してアトマイザーを洗浄してあげましょう。

金属コイルを濡らしてしまうと故障の原因となりますので乾いた紙で汚れをふき取りましょう。

アトマイザーが乾いたら再び組み立てなおせば洗浄完了です。

スムースビップのお手入れ、部品交換はお忘れなく

スムースビップのお手入れ、部品交換はお忘れな
スムースビップの使い方や交換部品の名称などをご紹介してきました。スムースビップはリキッドを入れて充電すれば使えるので非常に使いやすい商品です。しかしこまめなお手入れや部品交換をしていないと味が劣化したり、本来の性能を出せなくなるだけでなく最悪の場合はケガを招く事故につながる事もあります。注意してください。

スムースビップのバッテリーも充電すれば永久的に使える訳ではなく寿命があります。約300回充電すると交換が必要になりますのでよく覚えておいてください。