スムースビップの成分は安全?

近年、従来のタバコよりも健康被害や臭いが少なく、それでいて満足度の高いと言われる電子タバコ。今回は数ある電子タバコの中でも人気の「スムースビップ」の成分や安全について調べてみました。

スムースビップに有害物質は含まれていない?

スムースビップに有害物質は含まれていない?
スムースビップは電子ベイプと呼ばれるもので香料などの入ったリキッドと呼ばれるものを加熱し発生した蒸気を吸う商品です。約4000種類の化学物質を含有しておりその内の約200種類は身体に悪影響を与える有害物質を含んでいると言われている紙巻きたばこ。これに対してスムースビップで使用するリキッドにはニコチン、タールといった有害物質が含まれていないので体に害が少ない製品と言えます。ちなみに日本でも人気となったアイコスのような加熱式タバコにもニコチンは含まれている為体には有害です。加熱式タバコと電子ベイプは似ているようで全く違う商品なのです。

ニコチン

ニコチン
紙巻きたばこにや加熱式たばこに含まれているニコチン。ニコチンは摂取することでドパミンと呼ばれる物質を放出させリラックス効果を与えてくれます。ニコチンは非常に依存性が高くリラックス効果も30分もすれば切れてしまい離脱症状を引き起こしてしまいます。

結果またニコチンを摂取してリラックス効果を得たいという気持ちになってしまい依存してしまうようになります。ニコチンは心筋梗塞や脳卒中といった症状を招いてしまう原因になると言われています。

タール

タール

紙巻きたばこに含まれているタール。有機物質を燃やすことで発生する物質で黒褐色の油状液体と言われています。喫煙しているとガンになる可能性が高くなると言われておりニコチンに発がん性物質があると思われがちですが、実はニコチンではなく発がん性物質はタールにあるのです。タールは有害物質の集合体でありその一つが発がん性物質です。

喫煙することで歯が茶色くなるのもタールの影響です。1日20本たばこを吸うと150gほどのタールを摂取したことになると言われています。粘度が高く肺などにくっつきやすいといった特徴もあります。

リキッドの成分は安全?

リキッドの成分は安全?
スムースビップはリキッドを加熱することで発生する蒸気を体内に摂取する製品であるとご説明しました。ニコチンやタールが含まれていないと言われていますがその他にどのような成分が含まれていて本当に体に無害なのか気になりますよね。

スムースビップのリキッドに含まれている成分はプロピレングリコール、植物性グリセリン、香料の3種類が含まれています。電子ベイプはリキッドのから発生する蒸気を楽しむ商品の為香りづけで必要な香料は必須です。香料は安全性が高いと皆さんご存知だと思いますが残りの二つの成分は聞いたことがない方が多いと思います。この二つの成分も安全性の高い物ですので詳しくご説明していきます。

プロピレングリコール

プロピレングリコール
保湿剤や乳化剤などとして医薬品や化粧品、食品などに使用されている物質で少量だと毒性はない物質と言われているプロピレングリコール。無色、無臭、無味という特徴があります。プロピレングリコールは加熱することでプロピレンオキサイドという発がん性物質に変わると言われているのですが加熱温度、プロピレングリコールの量など条件が揃った場合に起きる現象です。様々な物に古くから使用されている物質ですし、通常使用している場合は危険性はありませんので安心してください。

植物性グリセリン

植物性グリセリン
食品添加物や医薬品にも使用されているグリセリンは摂取しても害はないと言われています。グリセリンは沸点まで加熱してしまうとアクロレインと呼ばれる毒性の強い物質へと変わると言われています。しかし電子ベイプや電子タバコでアクロレインへと変化した例は今現在なくリキッドに使用して体に害がある成分とは言えません。スムースビップには食品や医薬品に使われている安全性の高い物質を使用している為安心して利用することが出来ます。

スムースビップは安全?

スムースビップは安全?
スムースビップに使用されている成分についてご説明してきました。ニコチンやタールを含んでおらず使用されている成分も食品や医薬品に使われているレベルの安全性の高い物質であることから体に無害であることがお分かり頂けたと思います。スムースビップが安全であるという理由を最後にまとめていきたいと思います。

有害物質は含まれていない

有害物質は含まれていない
スムースビップで使用するリキッドに含まれている成分は安全性の高い物のみであり、スムースビップで使用するうえでは有害物質を発生させる危険性もないため体には無害であると言えます。

日本食品衛生法に基づいた食品添加物が使用されているので安心できると思います。スムースビップは紙巻きたばこや加熱式タバコとは種類が違う為ニコチンやタールといった依存性が高い物質や発がん性物質も発生しません。使用している本人や周りにいる方にも病気になる危険性はないので心配がいりません。

アメリカのFDA基準をクリア

アメリカのFDA基準をクリア
アメリカにはFDA基準と呼ばれる安全性の基準が存在しています。FDAとは食品医薬品局の略称です。食品の安全性や化粧品の危険性等を監督している機関になります。毒性の評価なども行っている基準です。スムースビップはこの厳しい基準をクリアしている商品ですので安全性が確保されていることは明確です。
品質管理もしっかりとした工場にて製造されているリキッドですので安全性は常に確保されていると言えます。

副流煙なし

副流煙なし
紙巻きたばこを吸った時に出る副流煙タールや一酸化炭素といった有害物質が多く含まれており喫煙者のみならず周囲の人にまで健康被害を与えてしまう恐ろしいものです。副流煙が問題となり近年では分煙化が進んでいる現状です。

副流煙は紙巻きたばこを燃やすことで発生するといわれています。スムースビップを使用することで発生している煙は副流煙ではなくリキッドを加熱することにより発生している水蒸気です。

有害物質を含んでいないリキッドから発生する水蒸気にも有害物質は含まれておらず周りの方に健康被害を及ぼす心配はありません。スムースビップから発生する水蒸気にはリキッドに含まれている香料の匂いがついていますので紙巻きたばこの様にたばこ臭いにおいがすることもなく周囲の方へ迷惑をかけることもありません。家の中や車の中でも使用することが出来るので分煙化が進んでいる現在ではオススメの商品です。

まとめ

まとめ
スムースビップ(SmoothV!P)は、数ある電子ベイプの中で注目されている製品として有名です。それに、火を使わない、安全な食品添加物を使ったリキッドを吸う点から、たばこを吸う方、吸わない方にも安全なタバコなのでぜひ一度お試しください。