スムースビップ(SMOOTH VIP)は無害は嘘?本当?最安値で購入できる場所はここ!

ちょっとした空き時間にリラックスしたいときに試してみたいのがスムースビップ。
スムースビップは電子タバコの一種なのですが、有害成分を含んでおらず良い香りを楽しむことができます。
これまでタバコを愛用してきた方はもちろん、アロマ代わりに楽しんでみたいという方にもおすすめできる製品です。
早速その内容について詳しくチェックしていきましょう。

スムースビップの公式サイト限定版と通常版の違いは!

公式サイト限定版と通常版の違いは!

スムースビップの公式サイトにはWeb限定バージョンのいわゆる「限定版」が販売されています。
初めてスムースビップを試す場合はこの限定版を手に入れると良いでしょう。
実はこの限定版というのは必要な道具が一通り揃ったパッケージなのです。


限定版の中身は以下の通りです。

  • 白or黒を選べる本体一式(バッテリー+アトマイザー)
  • 交換用アトマイザー1本
  • 充電用USBケーブル
  • 携帯ポーチ
  • リキッド2本(メンソール1本+7種類から自由選択1本)

限定版にはこれらの道具がパッケージされているので、簡単にスムースビップを始めることができます。
通常版はいわゆる単品での販売となるため、バラバラに道具を集めなければなりません。
またコストも通常版を同じ構成で集めた場合は4,222円かかるのですが、限定版なら2,950円となります。
その差は-1,272円なのでやはり限定版がおすすめです。

スムースビップは公式サイト・通販サイト・市販どちらがお得?

公式Web限定版 Amazon 市販
2950円 4330円 4132円

amazonではスターターキットが2,678円で販売されており、店舗でも2,480円で売られています。
ですがこのスターターキットは限定版とは異なり「交換用アトマイザー」と「リキッド1本」が含まれていません。

amazonのスターターキットを限定版と同じ内容物にした場合、以下のようになる形です。
スターターキット:2,678円+交換用アトマイザー:734円+リキッド1本:918円=4,330円。

店舗のスターターキットの場合でも合計は4,132円となります。
というわけで内容が充実していて2,950円で手に入るWeb限定版が最もお得なのです。

スムースビップとは?

スムースビップはリキッドという液体を熱し、その蒸気を味わう電子タバコの一種です。
リキッドには色んな香り(フレーバー)が存在し、タバコよりも深い香りの世界が広がっています。
本体さえあればリキッドを自由に取り替えて楽しめるため気分に合わせて異なる香りを選ぶことも可能です。

また、タールやニコチンを始めとしたタバコ由来の有害物質を一切含んでいないという点も特徴といえます。
ニコチンは中毒性があり、タールや一酸化炭素は体にとって良いものとはいえません。
こうしたタバコの害が気になる方にぴったりの電子タバコといえるでしょう。

スムースビップはタバコの匂いと有毒性を取り除いた新しい形の喫煙具です。
タバコの匂いと害が気になってきた愛煙家はもちろん、これまでタバコに触れてこなかった方にもおすすめできる製品となります。

スムースビップのリキッドは?

スムースビップのリキッドは?

リキッドはPG(プロピレングリコール)やVG(ベジタブルグリセリン)といったベースに香料を混ぜた液体です。
これらの成分はいずれも食品や化粧品の添加物として広く利用されているため安全性は担保されています。

また、リキッドを生産する企業はたくさんあるのですが、スムースビップではアメリカのデュラスモーク社のものを採用している形です。
同社はリキッド生産会社として品質マネジメントシステムを示す規格ISO9001を最初に取得しているため信頼性は高いといえるでしょう。

スムースビップとアイコスの違いは?

スムースビップとアイコスの違いは?

電子タバコは大きく分けて「加熱式タバコ」と「ベープ系タバコ」に分類することができます。
加熱式タバコは基本的にタバコ葉を暖めてその蒸気を吸い込むというタイプのものです。

加熱式タバコの種類としては「アイコス」「プルームテック」「グロー」などを挙げることができます。
また、タバコ葉を熱しているわけですからタバコ臭もすればニコチンも含まれている形です。

そのため加熱式タバコは紙巻タバコに近い存在といえるでしょう。
もちろん有害物質と匂いは紙巻タバコより大幅にカットされてはいます。

ベープ系タバコというのはリキッドを熱してその蒸気を吸い込むタイプの電子タバコで、実は正式な名称はつけられていません。

最初にこの形式を採用したのが「ベープ」という商品名の電子タバコなのでこう呼ばれることがあるだけです。
現在では様々なタイプのリキッドを使用した電子タバコが生まれ、その1つがスムースビップとなります。

手がける企業の違いについても触れておきましょう。
まずアイコスは紙巻タバコでお馴染みのJTが手がけています。
タバコ産業の本丸が仕掛ける次世代のタバコといったところです。

対してスムースビップを手がけるのはライテックという昭和12年に創業した老舗企業で、長年ライターの生産などを行ってきました。

スムースビップは喫煙具メーカーが仕掛ける独自ブランドのベープ系タバコというわけです。

スムースビップの味は?

スムースビップの味は?

スムースビップの味は使うリキッドによって異なり、種類は以下の7種類となります。

  • メンソール
  • ブラックベリー+Cool Mint
  • ピーチ+Cool Mint
  • グリーンアップル+Cool Mint
  • ジンジャー+Cool Mint
  • コーヒー
  • エナジー

7種類のうち4種類にクールミントのフレーバーが配合されていることから清涼感を重視したラインナップということができます。

まずメンソールですが、こちらはタバコやガムでお馴染みの清涼感のあるフレーバーです。
シンプルなスーッとした香りなので気分を選ばず使う事ができます。

フルーツ系としてはブラックベリー、ピーチ、グリーンアップルが並ぶ形です。
それからショウガ湯などでお馴染みのジンジャーに加え、嗜好品として定番のコーヒーもラインナップに含まれています。
また変り種としてはエナジードリンク風味のエナジーもあるので、気になるリキッドを試してみて下さい。

スムースビップの蒸気の臭いは大丈夫?

蒸気の臭いは大丈夫?

スムースビップはリキッドを熱して蒸気を発生させ、それを吸い込む電子タバコです。
そのため蒸気の正体はリキッドであり、その匂いもリキッド由来のものとなります。
例えばピーチのリキッドの蒸気ならピーチの匂いが漂いますし、グリーンアップルの蒸気ならグリーンアップルの匂いが漂うといった具合です。

あくまでも香料の匂いが残るだけなので匂いの心配は一切要りません。
むしろ残り香をアロマのように楽しむことができるでしょう。

スムースビップの使い方

スムースビップの使い方

スムースビップの本体は「吸い口・アトマイザー・金属コイル・バッテリー」の4つに分けることができます。
大まかな使い方は「アトマイザーにリキッドを充填し、バッテリーのスイッチを入れてリキッドを気化させ、吸い口からそれを吸う」という形です。
最初は戸惑うかもしれませんが、実際にやることは難しくないので直ぐに慣れるでしょう。

バッテリーの充電

バッテリーの充電

スムースビップはリキッドを蒸発させるために電気の力を使用します。
そしてその電気を溜めておく場所がバッテリー部分であり、これは本体の中でも最も長いパーツです。
ともかくまずは充電するために本体からバッテリーを取り外しましょう。

バッテリーから本体を外すことができたら今度は付属のUSBケーブルをバッテリーに接続します。
次にパソコンやUSB充電器へとケーブルを繋げれば充電中を示すようにボタン部分が光り、しばらくして光が消えたら充電完了となります。
1回あたりの充電時間は3時間ほどで、充電後は約450回使えるようになる形です。

リキッドの取り替え方

リキッドはアトマイザーに入れて使用します。
アトマイザーは吸い口と金属コイルの間にある筒状のパーツです。
まずはアトマイザーを吸い口が付いた状態で取り出します。

次にアトマイザーにリキッドを注入するのですが、この際に中央の金属パーツにリキッドを入れないように注意しましょう。
リキッドを全部入れてしまうと金属パーツに入り込んでしまうので多くても0.8mlほどで止める必要があります。
最後に残りのパーツを取り付けて、金属コイルにリキッドが染み込むよう垂直に立たせて数分放置させれば完了です。

電源の入れ方と切り方

電源の入れ方と切り方

スムースビップはアトマイザーに充填したリキッドを内部のコイルに染み込ませ、そのコイルを電気の熱で蒸発させるという仕組みを備えています。
そのため熱を発生させるためにバッテリーの電源を入れなければなりません。

電源の入れ方は「バッテリーについているボタンを5回連続で押す」というもので、成功するとボタンが3回光ります。
電源がついた状態で、さらにボタンを押すと今度はコイルを熱することができるので押しながら吸いましょう。
使い終わったらまたボタンを5回押すと3回光り、電源を切ることができます。
電源が切れるとボタンを1回押しても反応しなくなるので、確かめておきましょう。

スムースビップのメリット

スムースビップのメリット

まず経済的に紙巻タバコよりも優れています。
シンプルに1回の喫煙にかかる金額を算出してみましょう。

スムースビップの場合、10mlのリキッド1本あたり918円なので1回あたり(0.1mlを消費)にかかるお金は918円÷100=9.18円となります。
対してタバコの場合は1箱20本入り440円とすると440円÷20=22円になる形です。

またニコチンが含まれていないため依存性が無く、タールも含んでいないので健康的といえます。
紙巻タバコにまつわる経済面と健康面の懸念を解消してくれる電子タバコといえるでしょう。

スムースビップのデメリット

スムースビップのデメリット
スムースビップは紙巻タバコを一切使用していないので吸い心地はやっぱり違います。
特にタールやニコチンが多い銘柄を吸っていた場合には、パンチが弱いように感じる可能性があります。

またリキッドの注入が面倒であることや、アトマイザーを半年に1回程度交換する必要があるといった点を挙げることができるかもしれません。
紙巻タバコと異なり器具を使うためこうしたデメリットはどうしても生じてしまいます。
ただ器具の手入れについてはパイプを使った場合にも言えるのでスムースビップだけにいえるデメリットというわけでもないでしょう。

スムースビップ(Smooth V!P)のQ&A

スムースビップ(Smooth V!P)のQ&A
スムースビップに初めて触れる場合、色んな疑問が湧くのは当然のことです。
充電についても気になるところですし、吸える場所について知りたいと思うもの。
また未成年でも吸えるかどうかというところも気になるところかもしれません。

早速その辺りについてQ&A形式で答えていきましょう。
ちょっとした疑問でも解決すると安心するものです。

1回の充電で何回吸える?

スムースビップを1回充電するとズバリ約450回ほど吸引することができます。
例えば1回あたり10回吸引すると考えた場合、タバコ45本分に相当すると考えても良いかもしれません。

タバコの箱数に換算すると2箱ちょいといったところなので、朝に充電すれば1日はもつはずです。

そのため逆に言えば毎晩の充電は欠かせません。
出先にUSBで充電できるような場所が無い場合に困るので、寝る前にきちんと充電しておくことをおすすめします。

加熱式タバコとの違い

スムースビップは加熱式タバコとは根本的に異なります。
加熱式タバコは紙巻タバコと同じように葉タバコを熱し、その蒸気を吸い込むタバコです。
そのためニコチンもタールも含まれており基本的には紙巻タバコの仲間といえるでしょう。

ですがスムースビップのリキッドには葉タバコは一切使用されていません。
そのためニコチンもタールもなく、タバコ由来の有害物質は含まれていないのです。
リキッドの成分は主に「プロピレングリコール、ベジタブルグリセリン、香料」の3つでいずれの成分も安全といえます。

また加熱式タバコではタバコの香りだけしか楽しむことができません。
対してスムースビップでは様々なリキッドの香りを楽しめます。
メンソールを始めとしてピーチやグリーンアップル、コーヒーなど全部で7種類のラインナップが揃っている形です。

充電はコンセントでも可能?

「SmoothV!P X2専用ACアダプタ」というパーツを使えば可能です。
ただこちらのACアダプタは限定版やスターターキットには付属していないので別途購入しなければいけません。

このパーツは箱のような形をしていて「電源プラグ・USBポート・スムースビップの差込口」が取り付けられたパーツです。
コンセントを使う場合は直接このパーツを差込、さらにスムースビップを差すという形になります。
1つもっていると気軽に充電することができるようになるでしょう。

どこで吸ってもいい?

原料にタバコを使っていないスムースビップ及びベープ系の電子タバコはどこでも吸って良いように思われるかもしれません。

ですがその事を知らない方や喫煙者が嫌いな方にとっては良い非難の的になってしまいます。
そのため基本的には喫煙所などの喫煙OKの場所で吸うようにした方がベターです。

ただ実はベープ系の電子タバコは受動喫煙対策法案の対象外なので法律上はどこでも喫煙しても良かったりします。
もし害が無いことが広く知られるようになったら自由に気持ちよく喫煙できるようになるかもしれません。

20歳未満でも購入できる?

実はスムースビップもベープ系の電子タバコも法律上は未成年が吸っても何の問題も無かったりします。
ですが販売店では未成年に対してのこうした電子タバコの販売を自粛しているのが現状です。

外部からの刺激を受けやすい子供への影響が懸念されますし、子供が吸うようになるとどこから非難されてしまう可能性もあります。

というわけで未成年の方の場合は基本的に購入することはできないと考えておいた方が良いでしょう。

まとめ

スムースビップについて色々な角度からみてきました。
スムースビップは新しい形の電子タバコで、リキッドを蒸発させて味わうといった形のものになります。
タバコ由来の有害成分が含まれておらず、かつ紙巻タバコよりも豊かな香りの世界を体験することができるでしょう。

興味のある方にはお得なWeb限定版がおすすめです。
新しい喫煙習慣をスムースビップで始めてみて下さい。

サイトマップ